ログインされていません

転職でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

転職支援サービス 無料
About Us

TOP食バンクマガジン  飲食業界で活躍するなら、知っておきたい基本の資格

資格取得

飲食業界で活躍するなら、知っておきたい基本の資格

飲食業界で活躍するなら、知っておきたい基本の資格

2017年4月27日
view 1158 ♥10
「いまさら聞けない飲食業界の常識Vol.7」

飲食業界で持っていると「重宝される」「優遇される」資格があります。就職・転職活動のアピールになるだけでなく、待遇面に反映されることも多々あります。なかには就業しながら、資格取得の支援を行っているお店もあるので見逃せませんね。 しかも料理人の資格は仕事だけではなく、日常生活にも応用が利くのが嬉しい特長です。今回は雇用側からの需要が高く、すぐに仕事に役立てられる資格を紹介いたします。

料理人の資格の王道。需要も高い国家資格「調理師」

飲食業界で重要視される国家資格は、資格支援や研修・教育に組み込んでいる企業も多いので、ぜひ知っておきたいところです。
調理スタッフとして働くなら、まず覚えておきたいのが「調理師」の資格です。食材の栄養や調理法、食品の衛生管理などの知識・技術を習得した者が取得できる国家資格で、日本のあらゆるジャンルの飲食店で有効な資格です。この資格を取得していることで、独立・開業するときに必要な「食品衛生責任者」を、申請を行うだけで取得可能になります。人気の「フードコーディネーター」の試験科目も一部免除となりますので、料理人として活躍したいのなら、ぜひ取得しておきたい資格ですね。
また、ふぐ料理に欠かせない「ふぐ調理師」は、都道府県により、調理師資格を保有していること自体が免許の受験資格になっている場合もあります。

知っておきたい、調理スタッフに役立つ専門資格

数多くの資格が存在しますが、そのなかでも特に需要が高い資格を紹介します。知っておいて損はないので、ぜひキャリアプランの参考にしてください。

調理系の資格

製菓衛生師:国家資格

菓子やパンの製造工程において、材料の安全性・衛生面の管理・監督といった知識や技術を有する資格です。


メリット製菓衛生師の資格を持っていればブーランジェリーやパティスリー、和菓子店といったお店をはじめ、カフェやレストラン、ホテルの洋菓子部門やベーカリー部門などに応募する際に有利に働きます。


パン製造技能士:国家資格

パン作りの実務経験者を対象としたパン製造に関する技能を認定する資格です。特級、1級、2級と3段階があります。


メリット職場によっては技能手当の対象になる資格です。採用担当者にアピールできるほか、パン教室を運営したり、将来独立する場合にも、実力を証明することができる魅力的な資格です。


栄養士・管理栄養士:国家資格

栄養士・管理栄養士ともに「食事」や「栄養」に関する指導や管理を行うための資格です。
栄養士免許を取得するには、国が指定した栄養士養成学校を修了しなければなりません。卒業後、無試験で都道府県知事から交付されます。
管理栄養士は栄養士の上級にあたる資格で、専門的な知識を用いた栄養指導や食事の管理指導などを行います。管理栄養士になるには、管理栄養士要請学校で学び受験する方法と、栄養士として実務経験を積み受験する方法とがあります。


メリット病院や福祉施設、保健所、学校、企業・官公庁など様々な場で需要が高まっています。また、栄養士から管理栄養士にステップアップすることで、働く場所によっては、資格手当やお給料アップも望め、待遇面で期待ができます。栄養士資格を持っている方は、ぜひ実務経験を積み、管理栄養士へのステップアップを目指すことをおすすめします。


ふぐ調理士(ふぐ包丁師):業務独占資格

ふぐの取扱い(販売・加工・調理など)に携われる資格です。各都道府県により、試験内容も名称も違い、資格を取得した都道府県でしか取り扱えません。この試験を受けるには基本的に「調理師」の資格とふぐを扱っているお店での実務経験2年以上、もしくはそれに近い経験が必須です。


メリット高級和食店はもちろんのこと、昔より養殖や流通が発達してきた現在では、安価で食べられる「ふぐ専門店」も増えてきています。そういったお店では、なくてはならない専門の技能なので、優遇され、高給・即転職が期待できます。


まとめ

経験値が重要視される料理人の世界では、転職時に経験年数を伝えることが多いと思いますが、いい条件の仕事なら、似たような求職者が殺到することも考えられます。 だからこそ経験にプラスして取得資格を提示することで、雇用主側へより高い知識や技能を習得していることをアピールできるともいえます。またこれから調理スタッフとして働きたいという方には仕事への理解度を深めるいいキッカケにもなりそうです。

今回紹介した資格のほかにも、お店の業態や専門性により、必須とされる資格、優遇される資格がまだまだたくさんあります。目指す職業に近づくため、就職・転職を優位にするため、ぜひ資格取得に向けて頑張ってみませんか。

役に立ったと思ったら拡散をお願いします!

シェア

ツイート

送る
この記事を気に入ったら「いいね!」しよう


おすすめの記事