ログインされていません

転職でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

転職支援サービス 無料
About Us

TOP食バンクマガジン  ブーランジェ・パン職人の仕事

職種別の特徴

ブーランジェ・パン職人の仕事

ブーランジェ・パン職人の仕事

2017年3月13日
view 864 ♥1
ブーランジェとはフランス語で「パン職人」という意味で、たくさんあるパンの種類やその製造方法を学び、さらに気温や湿度によって状態が変化するパンを、美味しく・美しく焼き上げるパンのプロフェッショナルです。
一人前になるためには、数年から10年以上かかるとも言われ、それだけブーランジェの仕事は奥が深いものなのです。
最近では女性にも人気があり目指す人が増えています。

仕事内容

味や形、種類もたくさんあるパンを作るのがブーランジェの仕事です。小さい町のパン屋さんだけでなく、フレンチレストラン、イタリアンレストラン、カフェ、バール、大手メーカーまで、活躍の場はたくさんあり就職する飲食店によって仕事内容は異なります。たくさんのパンを用意するためには、朝早くから手際よく準備しなければなりません。材料の配合・仕込み・焼き上げなどパンに関する仕事から、清掃、レジ業務など業務内容は幅広くあります。

ブーランジェの魅力

ブーランジェの魅力は、まさにその仕事そのものだと言えます。パンは生き物で、湿度や気温など毎日変化します。そういった環境のなか美味しいパン生み出すことはとても難しいことなのです。また、朝の早い時間からの勤務であったり、重いパン生地を扱うので決して楽な仕事ではありません。だからこそ美味しいパンが作れたときには大きな達成感を感じることができるのです。

ブーランジェのやりがい

ブーランジェという仕事は美味しいものを作って、より多くの人を幸せにすることです。自分の作ったパンを食べたお客様が「美味しい!」と言ってくれるとき、この仕事に大きなやりがいを感じることができます。

ブーランジェになるには

ブーランジェになるには2つの方法があります。

1.専門学校や養成スクールを卒業後、就職する

専門学校や養成スクールで学び基本的なスキルを学んだ後、ベーカリーやレストラン、ホテルなどに就職するという方法で、多くの人がこの方法でブーランジェを目指します。

2.先に就職して修行を積む

専門学校などに通わず、ベーカリーやレストランなどで修行を積み、一人前のブーランジェを目指す方法です。

ブーランジェに必要な資格や経験

特に資格は必要ありません。 しかし、自分のスキルの証明するために、「パン製造技能士」や「食品生成責任者」などを取得する人も多くいます。
また就職や転職活動の際に自分自身を表す指標にもなりますので、取っておいて損はありません。

■パン製造技能士
■食品衛生責任者
■食品生成責任者

この職種に関連する仕事

パン・洋菓子の求人
カフェの求人
ホテル・ブライダルの求人
レストランの求人
フレンチの求人
イタリアンの求人

役に立ったと思ったら拡散をお願いします!

シェア

ツイート

送る
この記事を気に入ったら「いいね!」しよう


おすすめの記事