ログインされていません

転職でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

転職支援サービス 無料
About Us

TOP食バンクマガジン  持っていると得をする!?知っておきたい飲食業界向けの資格6選

資格取得

持っていると得をする!?知っておきたい飲食業界向けの資格6選

持っていると得をする!?知っておきたい飲食業界向けの資格6選

2018年4月20日
view 3146 ♥0

いま日本には1000を超える資格が存在していて、当然持っていない人より持っている人の方が転職にも有利ですしスキルアップにもなります。それは飲食業界も例外ではありません。しかし「たくさんありすぎて何を取ればいいかわからない」という人も多いのではないでしょうか。そこで、飲食業界で持っていると有利な資格を、その資格が活かせる仕事先と併せてご紹介します。

調理師

飲食では最もメジャーな資格といえる調理師。一言で言うと「安全に美味しい料理を作るプロ」であり、単に調理そのものの技術や知識だけでなく、食材のことや衛生管理についての知識も必要になります。調理師免許が無くても飲食店で働くことは可能ですが、もっていた方が転職でも有利ですし、より地位の高い役職や責任ある仕事も任せてもらいやすくなるでしょう。また「食品衛生責任者」の資格も、調理師免許があれば保険所に申請するだけで取得できますので、独立もスムーズになります。調理師免許は、業態問わずあらゆるレストランやホテル、また、福祉施設や病院、学校給食、社員食堂などでも優遇されるオールマイティな資格と言えます。

キッチンの求人はコチラ
料理長(候補)の求人はコチラ

栄養士・管理栄養士

健康的な食生活を送るためのアドバイザーである栄養士。栄養士になるには、厚生労働大臣から栄養士養成施設として認定された学校(大学・短大・専門学校)に入学し卒業することで取得できます。また、栄養士の上位資格として管理栄養士がありますが、管理栄養士の試験を受けるには栄養士であることが必須条件となります。生活習慣病の予防や高齢化に伴い、病院や福祉施設・保健所・学校・企業での栄養指導や食事管理などにおいて栄養士の需要は非常に高く、また容易に取れる資格ではないので、資格そのものに価値があり、給与に手当が付いたり転職や復職の際にも有利です。

栄養士・管理栄養士の求人はコチラ
社員食堂・給食・病院・介護の求人はコチラ

野菜ソムリエ

野菜ソムリエとは「一般社団法人日本野菜ソムリエ協会」が認定する民間資格です。野菜や果物の魅力を多くの人に広める野菜のスペシャリストとして、野菜の目利きや栄養素・食材に合わせた調理法など、野菜にまつわる幅広い知識を学びます。セミナーや料理教室、食品メーカーの商品企画や開発のほか、教育機関での食育講師など、幅広い分野で活躍の場があります。またレストランにおいても、野菜ソムリエが選んだ野菜として売り出せば、それだけで商品の付加価値が高まるので、より客単価のアップや高評価が期待できます。

カフェの求人はコチラ
レストランの求人はコチラ

レストランサービス技能士

レストランのサービスに関わる資格としては、唯一の国家資格であるレストランサービス技能士。接客のプロとして幅広い飲食店で活用できますし、国家資格という信用があるのでより転職や給与アップにも有利になります。特にハイクラスのレストラン・ホテル・料亭などではより即戦力として活躍できるでしょう。

レストランの求人はコチラ
サービスの求人はコチラ

利き酒師

簡単に言うと「日本酒のソムリエ」。日本酒の香りや味わい・特徴などをわかりやすく伝えたり、その人の好みや料理との相性を考慮して日本酒をセレクトするなど、日本酒にまつわる専門的な知識が身に付きます。日本だけでなく海外でも空前の日本酒ブームの中、利き酒師のニーズは今後より高まってくると思われます。ちなみに利き酒師の試験は比較的合格率が高く、しっかり勉強すればだいたいの人は合格できると言われているので、飲食業界はもちろん、酒販店や酒造メーカー、旅行業者など多くの業界の関係者も取得しています。

和食・寿司の求人はコチラ
居酒屋の求人はコチラ

フードコーディネーター

商品開発やレストランプロデュース、販促・メディアなど、フードビジネスのすべてに関わる食のプロデューサーであるフードコーディネーター。例えば、料理写真を撮るときにより美味しく・美しく見えるように料理の盛り付けはもちろん、テーブルコーディネートまですることもあれば、飲食店が流行るようにコンサルディングしたり、決まった食材を使ってレシピを考えたり。食はもちろん、それにまつわるデザインや経営の知識なども必要になります。飲食店においては業態問わず、店長候補やマネージャーなど責任あるポジションで幅広く活躍できるでしょう。また、幅広い知識を活かして独立開業する場合も有利な資格と言えます。

店長(候補)の求人はコチラ
料理長(候補)の求人はコチラ

まとめ

飲食業向けの資格も、難易度の高い国家資格から気軽に取得できるものまで実に様々なものがあります。どの資格にも共通して言えるのは、食に関する知識や信頼を証明するもので、資格を持った上で提供する料理やサービスは、高い付加価値と安心をお客様に提供できるということです。もしあなたがこれからより高いレベルでのキャリアアップを目指しているのであれば、資格取得も検討してみてはいかがでしょうか。

役に立ったと思ったら拡散をお願いします!

シェア

ツイート

送る
この記事を気に入ったら「いいね!」しよう


おすすめの記事