ログインされていません

転職でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

転職支援サービス 無料
About Us

TOP食バンクマガジン  料理人(キッチンスタッフ)の仕事

職種別の特徴

料理人(キッチンスタッフ)の仕事

料理人(キッチンスタッフ)の仕事

2017年3月13日
view 3738 ♥1

料理人とは食材の知識や適切な調理方法などを持ち、料理の専門家として食材の仕入れ、調理、メニューの開発などを行う職業です。
料理人が活躍できる場所は数多くあり、ホテル・フレンチレストラン・イタリアンレストラン・カフェ・バー・ブライダル・など「現代の食文化を支える職業」として多くの飲食店で必要とされています。

仕事内容

就業先やポジションにより仕事内容は異なりますが、多くの場合「早番」と「遅番」の交代制ので勤務となります。
大きく分けると「仕入れ」、「食材の選別」、「仕込み・調理」・「営業」となります。
フレンチレストラン・イタリアンレストランやホテルであれば調理担当が細かく分けられ、メイン・ソース・パスタ・サラダ・パティシエなどに、さらに厨房の人数が多ければさらに細かく分けられます。

料理人の魅力

「自分が作った料理を食べた人が『美味しかった』と喜んでくれた時、最高の幸せを感じる」と多くの料理人が言います。
また努力しただけ結果がついてくるのも料理人の魅力です。
腕を見込んでの引き抜きや、独立してレストランやカフェ、バールなどを経営するなどステップアップすることが出来ます。

料理人のやりがい

一人前の料理人になるためには何年もの下積みが必要です。
見習いとして掃除や調理器具の手入れ、皿洗いなどの業務をこなさなければならず、基礎を積んで初めて食材を調理することができます。
しかし一人前の料理人として認められると携われる仕事の幅は増え、調理だけでなく食材の仕入れや新メニューの考案、店舗の衛生管理やマネジメントなどのスキルアップでき、やりがいを感じることができます。

料理人になるには

料理人になる方法は2つあります。

1.調理師専門学校・養成スクールに通う。

幅広い経験を積むことができるだけでなく、上位資格の習得や海外留学などのチャンスがあります。
まだ、卒業すると「調理師免許」が取得できます。

2.先に飲食店で働く。

料理人になる道は学校に行くだけではなく、飲食店での実務経験が2年以上あり試験に合格すればなることができます。
つまり「調理師免許」を取得することができます。
実際に、レストランや和食店などの飲食店で見習いとして働きながら「調理免許」を取得する人も多くいます。

料理人に必要な資格や経験

料理人として働く際に必須となる資格はありませんが、自分のスキルの証明として国家資格である「調理師免許」や「食品衛生責任者」などを取得している人は多くいます。
しかし、求人募集の必須資格として求められることもありますし、飲食業界での転職の際に有利になるので取得しておいた方が良いでしょう。

■調理師免許
■食品衛生責任者

この職種に関連する仕事

ホテル・ブライダルの求人
フレンチの求人
イタリアンの求人
カフェの求人
中食・デリバリーの求人
居酒屋の求人
バルの求人
社員食堂・給食・病院・介護の給食調理の求人

役に立ったと思ったら拡散をお願いします!

シェア

ツイート

送る
この記事を気に入ったら「いいね!」しよう


おすすめの記事