ログインされていません

転職でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

転職支援サービス 無料
About Us

TOP食バンクマガジン  料理研究家の仕事

職種別の特徴

料理研究家の仕事

料理研究家の仕事

2017年3月13日
view 1233 ♥0

料理研究家とは、料理について独自に研究し料理教室や料理本の執筆、料理番組などのマスメディアなどを通して発信していく料理のスペシャリストです。 料理研究家の多くがフリーランスで仕事をしているため、考案したオリジナルレシピが、売れるかどうかということが料理研究家として活躍する上で大きく影響します。

仕事内容

料理研究家は、調理番組などのメディアや雑誌、調理教室などを通して自分が考案したメニューやその調理方法を発信したり、イタリアンレストランやフレンチレストラン、ホテルなどにメニューを提案する仕事です。 一般大衆を対象とする場合と料理人などのプロを対象とする場合があり、プロの料理人を育てる学校や養成スクールの講師として働くのは、高い技術を身につけているハイレベルの料理研究家であることが多く、スキルの証明として調理師免許や栄養士免許などの「食」に関する資格や免許を複数取得している人が多くいます。

料理研究家の魅力

たくさんの人との出会いがあるのが料理研究家という仕事です。 自分が考えた料理を通して「食」の楽しさや大切さが伝わり、「ありがとう」、「おいしかった」という言葉が聞けたとき、この仕事に大きな魅力を感じることができます。

料理研究家のやりがい

基本的にフリーランスで仕事をしている人が多く「仕事も自己営業」、「ギャラの交渉も自分で行う」という環境のなか、うまく売り上げが伸びないこともありますが、自分の好きなことを追求し続けることができるこの仕事には多くのやりがいもあります。

料理研究家になるには

料理研究家には資格も学歴もありません。料理研究家になるには以下の方法が一般的です。

■料理現場からスタート

有名シェフや料理長は、経験や知名度が十分にあるためスグに活躍することができます。

■教室・学校でスタート

教室の運営と同時に自分のアイディアを発信していく方法。

■アシスタントとしてスタート

料理研究家のアシスタントとして働きながら腕を磨く方法。さらにコネクションを築いておくことも大切です。

料理研究家に必要な資格や経験

料理研究家になるために必須の資格はありませんが、自分自身の知識や技術のレベルを表すものとして、また転職活動の際に有利に進めるために役立つ資格があります。

■調理師免許

■栄養士免許

この職種に関連する仕事

ホテル・ブライダルの求人
フレンチの求人
イタリアンの求人
レストランの求人
本部職の求人

役に立ったと思ったら拡散をお願いします!

シェア

ツイート

送る
この記事を気に入ったら「いいね!」しよう


おすすめの記事