ログインされていません

転職でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

転職支援サービス 無料
About Us

TOP食バンクマガジン  フードコーディネーターの仕事

職種別の特徴

フードコーディネーターの仕事

フードコーディネーターの仕事

2017年3月13日
view 1457 ♥1

フードコーディネーターは、広告写真の料理の調理や盛りつけから、ホテルやイタリアンレストラン、フレンチレストランなどのメニューの開発、料理教室の運営、食器のスタイリングど言い換えれば食をテーマに「ヒト・モノ・カネ」そして「情報」をトータルにプロデュースする食の専門家なのです。

仕事内容

メディアでの仕事

テレビで料理を作ったり、雑誌の料理コーナーに掲載するレシピを考えたりします。
フードコーディネーターの仕事の中では、華やかな仕事と言えます。

食品メーカー・飲食店などでのメニュー開発

飲食店や食品メーカーでの商品開発やメニュー作りを行います。
大手の場合、全国規模で自らの提案した商品が出回るので、大きなやりがいを感じることができます。

アドバイザー業務

経験と実績のある人には、企業のアドバイザイーとしての仕事があります。
商品開発だけでなく、経営などのコンサルティング的な業務までを行います。

料理教室主催や講師

料理教室の講師というのもフードコーディネーターの仕事です。
講師によってスタイルはさまざまで、フレンチやイタリアンに特化した教室や、教室の外装や内装にこだわった個性的な教室を主催しています。

フードコーディネーターの魅力

食品の素材や盛りつけ方を工夫して人々を感動させたり、メニュー開発などで事業者の心強いサポーターになったりと、自分のセンスを活かしてさまざまなフィースドで活躍できることがフードコーディネーターの魅力と言えます。

フードコーディネーターのやりがい

美味しいものを生み出すには、たくさんの時間と労力が必要とされます。
だからこそ自らが生み出した「美味しい料理」を食べた人に喜びや感動を与えられるフードコーディネーターという仕事は、本当にやりがいのある仕事だと言えます。

フードコーディネーターになるには

フードコーディネーターになるには3つの方法があります。

1.専門学校を修了する。

調理の専門学校に通い、フードコーディネーターに関する知識やスキルを学ぶ方法です。
料理に関することだけではなく、フードコーディネーターにとって必要となるさまざまな知識を学ぶことができます。

2.通信講座で学ぶ。

フードコーディネターには年齢制限がないので、どのタイミングからでも目指すことができます。
企業に勤めながら通信講座を使い、基礎知識を身につけてから活動を始めるという方法です。

3.有名フードコーディネーターのアシスタントになる。

第一線で活躍するフードコーディネーターのアシスタントとして業界に足を踏みいてる方法です。

フードコーディネーターに必要な資格や経験

フードコーディネーターとして働くときに必須となる資格や免許はありませんが、日本フードコーディネーター協会が認定する資格を取得しておいた方が、業務だけでなく転職の際にも役立ちます。

■フードコーディネーター1級
■フードコーディネーター2級
■フードコーディネーター3級

この職種に関連する仕事

本部職の求人
カフェの求人

役に立ったと思ったら拡散をお願いします!

シェア

ツイート

送る
この記事を気に入ったら「いいね!」しよう


おすすめの記事