ログインされていません

転職でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

転職支援サービス 無料
About Us

TOP食バンクマガジン  ウェディングプランナーの仕事

職種別の特徴

ウェディングプランナーの仕事

ウェディングプランナーの仕事

2017年3月13日
view 830 ♥1
ウェディングプランナーは、結婚式を予定しているお客様の要望に合わせ、それにピッタリの結婚式をプランニング、コーディネ−トし、新郎新婦へアドバイスを行うコンサルタント的な専門職です。
ブライダルコーディネーターやウェディングプロデューサーとも呼ばれ、結婚式の専門式場やホテル、ウェディングプランナー会社などで活躍できます。

仕事内容

ウェディングプランナーは、新郎新婦の希望や予算に合わせながら、挙式や披露宴の段取りを細かく決めていく仕事です。
まず、どのような挙式・披露宴にしたいのか、また希望や予算などをヒアリングします。
細かな打ち合わせを何度も行いながら、披露宴のプランを決めていきます。
さらに衣装や料理、花や招待状といった必要となるアイテムを手配するのもウェディングプランナーの仕事です。

ウェディングプランナーの魅力

ウェディングプランナーの魅力は一生の仕事として長く続けることができるころです。知識や技術だけでなく、豊富な経験が必要な仕事なので、自分自身の結婚や子育てなどの経験は人生経験として仕事に役立てることができます。
また結婚や子育てのブランクがあっても、実務経験があればニーズが多数あり、女性にとっても働きやすい仕事だと言えます。

ウェディングプランナーのやりがい

ウェディングプランナーは、お客様が初めて来店した日から、打ち合わせ、ドレスのコーディネート、そして式当日まで数十回に渡り新郎新婦と密に接するため、当然、思い入れも深くなり式当日の感動や喜びも大きいものです。新郎新婦の幸せそうな笑顔を目の前で見られることが、この仕事でやりがいを感じる瞬間だと言えます。

ウェディングプランナーになるには

ウェディングプランナーになるには2つの方法があります。

1.専門学校や養成スクールで基礎知識身につけてから就職する方法
専門学校に通い、ウェディングプランナーとして基礎スキルを学び、卒業後、就職する方法です。

2.先に就職し、キャリアアップを目指す
専門学校や養成スクールに通わずホテルやブライダルコーディネート会社に就職し、実務を行いながら実務を行いながら、ウェディングプランナーへの道を希望する方法です。

ウェディングプランナーに必要な資格や経験

ウェディングプランナーとして働くにあたり必須となる資格はありませんが、持っていると有利になるものが2つあります。

■日本ブライダル事業振興会認定資格
■全米ブライダルコンサルタント協会認定資格

これらの資格は就職や転職の際にも役立つひとつの指標として役立ちます。
また資格所有者は優遇されることが多いので、持っていて損はありません。

この職種に関連する仕事

ホテル・ブライダルの求人
レストランの求人
フレンチの求人
イタリアンの求人

役に立ったと思ったら拡散をお願いします!

シェア

ツイート

送る
この記事を気に入ったら「いいね!」しよう


おすすめの記事