ログインされていません

転職でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

転職支援サービス 無料
About Us

TOP食バンクマガジン  飲食店での店長の仕事

職種別の特徴

飲食店での店長の仕事

飲食店での店長の仕事

2017年3月13日
view 4266 ♥0

店長の仕事は、売り上げ目標の設定と達成にむけての施策立案、商品の発注と在庫管理、スタッフの教育と管理・本部会議報告など多岐にわたります。
とても一人ではこなせない仕事量なので、店舗のスタッフとコミュニケーションを図りながら、仕事を配分していくことは店長という仕事の重要なポイントとなります。

仕事内容

飲食店での店長の仕事は方針戦略を策定し店舗全体をまとめ、スタッフの採用や教育、販売促進、計数管理、衛生管理など幅広いマネジメント業務になります。
利益をあげることを目指し、調理師やホールスタッフなどに適切な指示を出したり、そこで働く従業員のパフォーマンスを最大限に高め、業務の質や効率を高めたりして店舗の売り上げアップを手掛ける重要なポジションと言えます。

そのため、全スタッフをまとめる店長にはリーダーシップやコミュニケーション能力はもちろん、強い責任感も求められます。
また店長は従業員の先頭に立ち、サービススタッフや料理人のお手本とならなければなりません。
ホールサービス、商品の発注、レジ、在庫管理なども高いレベルで出来なければなりません。

店長の魅力

店のルールは基本的には店長が決めることができます。
自分の考えでその店舗がより良くなっていくのを感じることができるのは、この仕事の大きな魅力です。

店長のやりがい

店長は全ての従業員に気を配る必要があります。
従業員が成長していく姿や、自分の方針が受け入れられ協力してくれているを見ると店長としての大きなやりがいを感じることができます。
また自分が店長として働く中で、店が良い方向に進み、売上に繋がったとき大きなやりがいを感じることができます。

店長になるには

店長になるにはスタッフとして売り上げに貢献した実績やサービススタッフや料理人の育成経験、店舗のマネジメント経験などの経験と実績が重要視されることが多くあります。
また働くスタッフの見本となる必要があるため、スキルや知識量の向上を常に行う必要があります。
店舗運営に関する重要な決定を行うこともあるので責任感は必要不可欠です!

店長に必要な資格や経験

特に資格は必要ありませんが、ポジションや取り扱う商品によっては必要となります。
しかし転職の際に「食品衛生責任者」や「防火管理責任者」などの資格を求められることもあるので、転職を有利に進めるためにも取得しておいた方が良いでしょう。
また、店舗のトップとして「論理的思考力」「決断力」「リーダーシップ」は不可欠です。

■食品衛生責任者

■防火管理責任者

この職種に関連する仕事

フレンチの求人
イタリアンの求人
カフェの求人
居酒屋の求人
バルの求人
レストランの求人
和食・日本料理の求人

役に立ったと思ったら拡散をお願いします!

シェア

ツイート

送る
この記事を気に入ったら「いいね!」しよう


おすすめの記事